プログラム

  • ※ハンズオンセミナー3は事前登録制となっております。詳細はこちらからご覧ください。

会長挨拶・講演

10月7日(土)9:00〜9:20

  • 演者:田中 俊宏(滋賀医科大学)

会務報告

10月7日(土)9:20〜9:35

特別講演

特別講演1

10月7日(土)15:00〜16:10

  • 「制御性T細胞:その歴史と現在」
  • 座長:田中 俊宏(滋賀医科大学)
  • 演者:坂口 志文(大阪大学免疫学フロンティア研究センター)

特別講演2

10月7日(土)16:40〜17:50

  • 「心と体のための食育学」
  • 座長:藤本 徳毅(滋賀医科大学)
  • 演者:小泉 武夫(東京農業大学名誉教授(農学博士)/鹿児島大学/琉球大学/福島大学/広島大学/石川県立大学)

特別講演3

10月8日(日)11:05〜12:05

  • 「抑制性免疫補助受容体PD-1によるがん免疫と自己免疫の制御」
  • 座長:中西 健史(滋賀医科大学)
  • 演者:岡崎 拓(徳島大学先端酵素学研究所プロテオゲノム研究領域免疫制御学分野)

Page Top ▲

教育講演

教育講演1

10月7日(土)9:45〜10:35

  • 「臨床研究ことはじめ」
  • 座長:森脇 真一(大阪医科大学)
  • 演者:笠原 正登(奈良県立医科大学附属病院臨床研究センター)

教育講演2

10月7日(土)10:45〜11:35

  • 「間葉系血液細胞誘導剤の開発と皮膚難病治療への応用」
  • 座長:秋山 真志(名古屋大学)
  • 演者:玉井 克人(大阪大学再生誘導医学寄附講座)

教育講演3

10月7日(土)13:00〜13:50

  • 「毛包の再生と老化」
  • 座長:水谷 仁(三重大学名誉教授)
  • 演者:西村 栄美(東京医科歯科大学難治疾患研究所幹細胞医学分野)

教育講演4

10月7日(土)14:00〜14:50

  • 「メラノーマの転移:進化するパラダイム」
  • 座長:加藤 威(滋賀医科大学)
  • 演者:高田 実(医療法人社団清音会 岡田整形外科・皮膚科・眼科)

教育講演5

10月8日(日)9:10〜10:00

  • 「虫による皮膚疾患の見方」
  • 座長:山西 清文(兵庫医科大学)
  • 演者:夏秋 優(兵庫医科大学)

教育講演6

10月8日(日)10:10〜11:00

  • 「意外と知らない爪の診方―外力(物理的な原因)による爪疾患」
  • 座長:望月 隆(金沢医科大学)
  • 演者:東 禹彦(東皮フ科医院)

教育講演7

10月8日(日)11:15〜12:05

  • 「色素異常症の見方」
  • 座長:川田 暁(近畿大学)
  • 演者:大磯 直毅(近畿大学)

教育講演8

10月8日(日)11:15〜12:05

  • 「口唇、口囲に生じる皮膚疾患の見方」
  • 座長:山田 秀和(近畿大学奈良病院)
  • 演者:衛藤 光(聖路加国際病院)

教育講演9「性行為感染症2017」

10月8日(日)13:30〜14:40

  • 座長:渡辺 大輔(愛知医科大学)
  • 「最近の梅毒について」
  • 演者:立花 隆夫(大阪赤十字病院)
  • 「日本と世界におけるHIV/AIDS の現状」
  • 演者:木藤 克之(滋賀医科大学消化器・血液内科)

Page Top ▲

シンポジウム

シンポジウム1「社会と歩む皮膚科学」

10月7日(土)13:00〜14:50

  • 座長:田中 俊宏(滋賀医科大学)、中西 健史(滋賀医科大学)
  • 「住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために」
  • 演者:花戸 貴司(東近江市永源寺診療所)
  • 「皮膚科領域における医療機器の開発と審査」
  • 演者:半田 宣弘(医薬品医療機器総合機構)
  • 「看護師特定行為研修の現状」
  • 演者:北川 裕利(滋賀医科大学麻酔学講座)
  • 「リスク管理と挑戦的医療のバランス」
  • 演者:松村 由美(京都大学医療安全管理室)

シンポジウム2「膠原病の見方」

10月8日(日)9:10〜11:00

  • 座長:竹原 和彦(金沢大学)、長谷川 稔(福井大学)
  • 「全身性エリテマトーデスの見方」
  • 演者:山岡 俊文(大阪大学)
  • 「なぜ全身性強皮症においても早期診断、早期治療が重要なのか?」
  • 演者:小寺 雅也(JCHO中京病院)
  • 「皮疹と自己抗体からみた皮膚筋炎」
  • 演者:濱口 儒人(金沢大学)
  • 「成人スティル病の見方」
  • 演者:藤本 徳毅(滋賀医科大学)

シンポジウム3「Who’s new in 皮膚科学」

10月8日(日)13:30〜15:30

  • 座長:宮地 良樹(滋賀県立成人病センター/京都大学名誉教授)、鶴田 大輔(大阪市立大学)
  • 「フィラグリンを標的とした新規アトピー治療薬 〜デスヴァレーを越えるために〜」
  • 演者:大塚 篤司(京都大学)
  • 「ブルーリ潰瘍」
  • 演者:高橋 聡文(滋賀医科大学)
  • 「皮膚におけるコルチゾール再活性化酵素(11β-HSD1)の役割」
  • 演者:越智 沙織(大阪大学)
  • 「肥満細胞のアレルギー疾患以外での役割について」
  • 演者:菅原 弘二(大阪市立大学)
  • 「当科における皮膚外科系疾患の治療について」
  • 演者:小森 敏史(京都府立医科大学)
  • 「皮膚外科と新規治療法の開拓」
  • 演者:加藤 裕史(名古屋市立大学)

Page Top ▲

平成29年度日本皮膚科学会中部支部企画研修講習会

10月8日(日)14:00〜16:10

「皮膚病理の見方」

  • 座長:藤本 徳毅(滋賀医科大学)
  • 「知っておきたい病理診断の要点 炎症編」
  • 演者:福本 隆也(福本皮フ病理診断科)
  • 「知っておきたい病理診断の要点 腫瘍編」
  • 演者:高井 利浩(兵庫県立がんセンター)
◆お申込方法

受講を希望される方は、日本皮膚科学会雑誌(第127巻第7号以降)に掲載の申込用紙、または下記の講習会オンライン申込みサービスにてお申込みください。

平成29年9月4日(月)をもって、事前申込受付を締切りました。
※日本皮膚科学会への事前申込者のみ参加できます。
 当日の申込みはできかねますので、ご注意ください。

Page Top ▲

日本皮膚科学会専門医指導医講習会

10月7日(土)14:00〜15:00

「新専門医制度について」

  • 座長:石河 晃(東邦大学)、佐山 浩二(愛媛大学)
  • 演者:佐山 浩二(愛媛大学)
  • 演者:石河 晃(東邦大学)

Page Top ▲

日本皮膚科学会 キャリア支援委員会企画 メンター&メンティーの相談会(M&M)

日時:10月7日(土)17:40〜19:10
会場:国立京都国際会館 2F Room B-1

◆お申込方法

参加を希望される方は、下記、日本皮膚科学会ホームページをご参照ください。

日本皮膚科学会ホームページ

Page Top ▲

皮膚科スペシャリティーナース講習会(ビデオ講演)

日時:10月8日(日)15:00〜17:00
会場:1F Room 157

Page Top ▲

スポンサードシンポジウム1
「免疫療法のフロントライン 〜メラノーマ最前線から見えてきたこと〜」

10月7日(土)9:45〜11:35

  • 座長:岩月 啓氏(岡山大学)、土田 哲也(埼玉医科大学)
  • 「免疫チェックポイント阻害薬におけるirAEについて」
  • 演者:吉野 公二(都立駒込病院)
  • 「メラノーマ治療の現在と今後の展望 〜制圧できる日は来るのか?〜」
  • 演者:藤澤 康弘(筑波大学)
  • 「進行期悪性黒色腫に対する細胞療法(腫瘍浸潤リンパ球輸注療法を中心に)」
  • 演者:舩越 建(慶應義塾大学)
  • 「免疫チェックポイント阻害剤におけるトランスレーショナルリサーチ」
  • 演者:大塚 篤司(京都大学)

スポンサードシンポジウム2
「世界に並んだ日本のニキビ治療 〜ガイドライン2017と最新EBMを紐解く〜」

10月8日(日)9:10〜11:00

  • 座長:宮地 良樹(滋賀県立成人病センター、京都大学名誉教授)、川島 眞(東京女子医科大学)
  • 「尋常性痤瘡の病態と疫学についての最新情報」
  • 演者:出来尾 格(東京女子医科大学東医療センター)
  • 「痤瘡瘢痕の最新の知見」
  • 演者:黒川 一郎(明和病院)
  • 「痤瘡治療の最新知見(ガイドラインと体幹部治療)」
  • 演者:林 伸和(虎の門病院)

Page Top ▲

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1

10月7日(土)11:50〜12:50

  • 座長:清水 忠道(富山大学)、加藤 則人(京都府立医科大学)
  • 「蕁麻疹・皮膚疾患の痒みに対する新規抗ヒスタミン薬の効果 〜患者さんの満足度向上を目指して〜」
  • 演者:千貫 祐子(島根大学)

ランチョンセミナー2「かゆみ治療のup to date」

10月7日(土)11:50〜12:50

  • 座長:森田 栄伸(島根大学)、清島 真理子(岐阜大学)
  • 「アトピー性皮膚炎のかゆみ 〜ヒスタミン非依存性〜」
  • 演者:常深 祐一郎(東京女子医科大学)
  • 「痒疹・皮膚そう痒症のかゆみ」
  • 演者:佐藤 貴浩(防衛医科大学)

ランチョンセミナー3「診療経験に基づいた乾癬とPsA治療の新戦略」

10月7日(土)11:50〜12:50

  • 座長:錦織 千佳子(神戸大学)、島田 眞路(山梨大学学長)
  • 「これからの乾癬治療」
  • 演者:岡本 崇(山梨大学)
  • 「乾癬性関節炎:病態・診断・治療の最前線」
  • 演者:本田 哲也(京都大学)

ランチョンセミナー4「潜在的リスクを考慮した乾癬治療」

10月7日(土)11:50〜12:50

  • 座長:岡本 祐之(関西医科大学)、澤村 大輔(弘前大学)
  • 「日常診療における乾癬性関節炎の早期診断のポイントと治療の考え方」
  • 演者:簗場 広一(東京慈恵会医科大学)
  • 「Inflammatory skin marchに迫る」
  • 演者:山中 恵一(三重大学)

ランチョンセミナー5「ニキビ治療をささえるスキンケア ―Dermo-cosmeticsの可能性―」

10月8日(日)12:20〜13:20

  • 座長:松永 佳世子(藤田保健衛生大学アレルギー疾患対策医療学)、黒川 一郎(明和病院)
  • 「Cleanance Expert in clinical practice」
  • 演者:Victor Georgescu(Laboratoires Dermatologiques Avène Pierre Fabre Dermo-Cosmétique)
  • 「ニキビ治療におけるdermo-cosmeticsの位置づけとQOL」
  • 演者:檜垣 祐子(若松町こころとひふのクリニック)

ランチョンセミナー6
「難治化している慢性蕁麻疹治療に新たなアプローチ 〜病いの語りに抗IgE抗体治療がどう応えられるか〜」

10月8日(日)12:20〜13:20

  • 座長:渡辺 大輔(愛知医科大学)、杉浦 一充(藤田保健衛生大学)
  • 「これからの蕁麻疹治療の考え方―新ガイドラインをもとに―」
  • 演者:福永 淳(神戸大学)
  • 「蕁麻疹診断におけるアプローチ法と治療ゴールの設定および抗IgE抗体出現による蕁麻疹治療の方向性」
  • 演者:石黒 直子(東京女子医科大学)

ランチョンセミナー7「ポジショニングから考える生物学的製剤の導入」

10月8日(日)12:20〜13:20

  • 座長:中村 元信(産業医科大学)、山中 恵一(三重大学)
  • 「生物学的製剤導入への登竜門〜辛さと未来の共有が力になる〜」
  • 演者:山﨑 文和(関西医科大学)
  • 「乾癬治療におけるイキセキズマブ(トルツ)使用の実際とその位置付け」
  • 演者:本田 哲也(京都大学)

ランチョンセミナー8

10月8日(日)12:20〜13:20

  • 座長:川田 暁(近畿大学)
  • 「パルス色素レーザーとピコ秒アレキサンドライトレーザーの歴史から現在まで」
  • 演者:林原 伸治(林原医院)

ランチョンセミナー9「ターゲット型紫外線治療器で広がる皮膚疾患治療」

10月8日(日)12:20〜13:20

  • 座長:浅田 秀夫(奈良県立医科大学)
  • 「エキシマランプ(VTRAC)を用いた乾癬の紫外線治療」
  • 演者:小林 照明(小林皮フ科クリニック)
  • 「ターゲット型エキシマランプVTRAC™を用いた皮膚疾患治療」
  • 演者:西村 陽一(にしむら皮フ科クリニック)

Page Top ▲

スイーツセミナー

スイーツセミナー1「患者/地域社会と歩む乾癬治療」

10月7日(土)16:20〜17:20

  • 座長:宇原 久(札幌医科大学)、山本 俊幸(福島県立医科大学)
  • 「生物学的製剤による乾癬治療の長期的戦略について考える
    〜ウステキヌマブはonly oneか?lonely か?〜」
  • 演者:遠藤 幸紀(岩手医科大学)
  • 「ステラーラ®の特長を活かした臨床使用」
  • 演者:五十嵐 敦之(NTT東日本関東病院)

スイーツセミナー2「日常診療における爪白癬治療を考える」

10月7日(土)16:20〜17:20

  • 座長:望月 隆(金沢医科大学)
  • 「ルコナック爪外用液5%の使用経験 ―治療効果を上げるための工夫―」
  • 演者:福山 國太郎(関西労災病院)
  • 「爪白癬の鑑別診断:現場の疑問を解決しよう」
  • 演者:仲 弥(仲皮フ科クリニック)

スイーツセミナー3「ザガーロを処方する際の臨床上および法制度上の注意点」

10月7日(土)16:20〜17:20

  • 座長:杉浦 亙(グラクソ・スミスクライン株式会社メディカル・アフェアーズ部門)
  • 「男性型脱毛症におけるデュタステリドの有効性および安全性」
  • 演者:土肥 衛(グラクソ・スミスクライン株式会社メディカル・アフェアーズ部門)
  • 「薬事制度と健康保険法の適用 〜ザガーロ(デュタステリド)保険上の取り扱いについて〜」
  • 演者:三村 まり子(グラクソ・スミスクライン株式会社法務部)

スイーツセミナー4「皮疹「0」を目指す乾癬治療 ―新規生物学的製剤の役割と患者満足度―」

10月7日(土)16:20〜17:20

  • 座長:秋山 真志(名古屋大学)、中西 健史(滋賀医科大学)
  • 「全身性炎症疾患としての乾癬」
  • 演者:山中 恵一(三重大学)
  • 「患者のQOL向上を目指した乾癬の治療」
  • 演者:加藤 則人(京都府立医科大学)

Page Top ▲

イブニングセミナー

イブニングセミナー1「皮膚科学up to date」

10月7日(土)18:00〜19:00

  • 座長:古川 福実(高槻赤十字病院、和歌山県立医科大学名誉教授)、片山 一朗(大阪大学)
  • 「分子標的薬と皮膚障害」
  • 演者:山本 有紀(和歌山県立医科大学)
  • 「自然免疫とAMPによる皮膚多層的化学的バリア機能」
  • 演者:山﨑 研志(東北大学)

イブニングセミナー2「経口PDE4 阻害剤アプレミラストの臨床上の位置付けを考える」

10月7日(土)18:00〜19:00

  • 座長:室田 浩之(大阪大学)
  • 「PDE4阻害剤アプレミラストの特長」
  • 演者:今福 信一(福岡大学)
  • 「アンメットニーズに挑戦する尋常性乾癬の治療」
  • 演者:加藤 則人(京都府立医科大学)

イブニングセミナー3「広角的に考える乾癬診療」

10月7日(土)18:00〜19:00

  • 座長:中川 秀己(東京慈恵会医科大学)、高橋 健造(琉球大学)
  • 「乾癬の生物製剤使用による治療効果を最大限に発揮するための工夫」
  • 演者:西田 絵美(名古屋市立大学)
  • 「併存症マネジメントを視野に入れたTNF療法」
  • 演者:山﨑 文和(関西医科大学)

イブニングセミナー4「最新治療と歩むニキビ治療」

10月7日(土)18:00〜19:00

  • 座長:佐野 栄紀(高知大学)、藤本 学(筑波大学)
  • 「アクネ桿菌の最新情報と抗菌薬耐性を回避するざ瘡治療薬の選択」
  • 演者:出来尾 格(東京女子医科大学東医療センター)
  • 「開業医における痤瘡治療」
  • 演者:白崎 文朗(皮ふ科・神経内科 白崎医院)

イブニングセミナー5

10月7日(土)18:00〜19:00

  • 座長:奥山 隆平(信州大学)、立花 隆夫(大阪赤十字病院)
  • 「Non-melanoma skin cancer治療最前線」
  • 演者:大塚 篤司(京都大学)

Page Top ▲

モーニングセミナー

モーニングセミナー1

10月8日(日)8:00〜9:00

  • 座長:鶴田 大輔(大阪市立大学)、神人 正寿(和歌山県立医科大学)
  • 「皮膚アレルギーにおける抗ヒスタミン薬の役割とエビデンス」
  • 演者:秀 道広(広島大学)

モーニングセミナー2「ターゲット型ナローバンドUVB治療器TARNABのポジショニング」

10月8日(日)8:00〜9:00

  • 座長:水谷 仁(三重大学名誉教授)、森田 明理(名古屋市立大学)
  • 「テーラーメイド光線治療への挑戦」
  • 演者:日野 亮介(日野皮フ科医院)
  • 「すぐに使えるTARNABの活用法」
  • 演者:西田 絵美(名古屋市立大学)

モーニングセミナー3「尋常性乾癬治療よりよい外用療法を考える」

10月8日(日)8:00〜9:00

  • 座長:竹原 和彦(金沢大学)、長谷川 稔(福井大学)
  • 「尋常性乾癬治療の礎、外用療法を成功させるために」
  • 演者:谷 守(谷皮フ科)
  • 「総合的治療の中における外用薬とドボベット®軟膏」
  • 演者:朝比奈 昭彦(東京慈恵会医科大学)

ハンズオンセミナー

ハンズオンセミナー1「大人の図画工作 〜足底装具を作ってみよう〜」

10月7日(土)13:00〜15:30

足部の胼胝や潰瘍などの皮膚科領域において、足底装具や靴型装具が処方される機会が増えてきました。
本セミナーでは、実際にインソールを製作することによって、トータルコンタクト、除圧、足部のアライメント矯正などを実感していただきます。また、圧力計測や多種の靴を実際に手に取っていただくことで学んでいただきます。先生方のご来場をお待ちしております。

ハンズオンセミナー2「医療安全を考慮したレーザー治療講習会(脱毛レーザーを含む)」

10月7日(土)13:00〜15:30

医療安全を考慮したレーザー治療をテーマに、使用上の注意事項および国内で初めてレーザーの選択的熱作用による長期的な減毛を使用目的として厚生労働省から薬事承認を取得したロングパルスアレキサンドライトレーザーの臨床に焦点を当て、実際の症例を供覧いただきながら施術のポイントやちょっとしたコツについてご教示いただきます。
本講習を受講された皆様に受講証明書を後日郵送致します。

①13:15〜14:00
  • 「レーザー医療の基礎と安全」
  • 講師:佐藤 俊一先生(防衛医科大学校 防衛医学研究センター)
②14:10〜15:10
  • 「長期減毛のためのロングパルスアレキサンドライトレーザー療法」
  • 講師:乃木田 俊辰先生(新宿南口皮膚科 院長)

ハンズオンセミナー3「日常診療で即実践!乾癬性関節炎の評価法を学ぶ」

10月8日(日)9:15〜11:15

乾癬性関節炎の関節破壊の進行は患者QOL を障害することから、早期に発見することが重要と言われています。日常診療で関節の痛みや症状をどのように見つけ、評価したらよいのか。リウマチ専門医の指導のもと、触診を中心とした関節評価を体験いただきます。

〈オーガナイザー〉
  • 多田 弥生先生(帝京大学医学部 皮膚科)
〈インストラクター〉
  • 後藤 仁志先生(大阪市立総合医療センター 総合診療科)
  • 谷口 義典先生(高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科)
  • 三崎 健太先生(北播磨総合医療センター リウマチ・膠原病内科)
〈セミナー内容〉
  • 第1部:講演「乾癬性関節炎の病態と診断、鑑別の実際」
  • 第2部:実技「日常診療における関節評価の実際を学ぶ」
  • 第3部:ワークショップ(Q&A)
  • これまで多くのご要望をいただいていた「関節評価法に関するハンドアウト」をご用意いたします。
    昨年ご参加いただいた先生も、ぜひご参加ください!
  • 事前登録制となりますので、下記よりお申し込みください。

ハンズオンセミナー3 事前登録

ハンズオンセミナー4

10月8日(日)9:00〜11:30

〈セミナープログラム〉
  • 【9:40〜10:20】デルマトロン セミナー
  • 「色素病変・隆起性病変について」
  • 友枝 裕人先生(医療法人 ともえだ皮フ科)
  • 【10:40〜11:10】エキシプレックス308 セミナー
  • 「アトピー性皮膚炎等の皮膚疾患について」
  • 内田 隆文先生(医療法人順晴会 うちだ皮膚科クリニック)
  • セミナーでは装置の紹介だけでなく、実際のクリニックでの運営や症例の解説、デルマトロンでは実機によるデモンストレーションも行います。またフリーディスカッションの時間もございますので演者の先生に直接質問していただけます。
  • ご来場の皆様にはお飲み物と記念品をご用意しております。皆様のご来場を心よりお待ちしております。